イタリア・フランス出張(2)

ローマ滞在後、フランクフルトを経由して飛行機と電車でストラスブールにも足を伸ばしました。こちらは、ストラスブール大学で開催されている「ECOLE D’HIVER:Evaluation biographique des politiques de langues par les migrants en Europe」に参加することが目的です。生活史/口述史の強みを移民研究の中でどうやって生かし、使っていくかについては、知りたいことがたくさんあります。なので、このwinter schoolの主催者であり、ストラスブール大学の教授でもあるカトリーヌ・デルクロワ先生と、研究員で名誉教授のダニエル・ベルトー先生からこのお話を伺って、ぜひ参加したいと思っていました。

Winter Schoolというからには学生さんの発表が中心だろうと思っていたのですが、実際は研究所や難民支援団体の職員さんや大学教員の発表も多く(というより、私が聞いたのはそのような発表だけでした)、時間をたくさん取って、研究会とワークショップを組み合わせたようなものでした。1週間の日程のうち、最後の2日しか参加できませんでしたが、難民支援団体による言語プログラム、移民2世への言語教育と労働市場への統合といった話題について、フランスとドイツの政策や移住者の生活史を聞くことができました。知らないことさえ知らなかったような情報に触れることができ、非常に新鮮でした。

しかし、実は私はそんなことよりも、そもそも移住者に対する言語政策が国家レベルでも自治体レベルでも真剣に検討されているという事実に、今更ながら彼我の違いを感じてしまいました。当たり前のことではありますが、そもそも国家が難民キャンプの存在を認めている時点で、日本とは比較にならない。もちろん、ドイツにもフランスにも、移住者に対する差別や階級間の断絶や、(移住者か否かに関係なく)ジェンダーの不平等といった様々な問題があるでしょう。階級やジェンダー不平等の問題は、移住者の統合政策にも大きく関係しています。
にもかかわらず、同じ社会の中に、外国からやってきた人々が存在し、彼らがその国で生きて行くことが当たり前のこととして認識され、移住者であろうとなかろうと人権が守られなければならないというコンセンサスが政策レベルに存在している(からこのような議論や研究報告が可能になっている)ということに、ナイーヴにもショックを受けてしまいました(そしてそれを喋ってしまい、喋りすぎて、後で自己嫌悪に陥りました……)。
今後何をどうしていけばいいか、いずれにせよ腰を据えてやらないといけないなと感じて帰ってきました。

写真はwinter school会場と、今回お世話になったデルクロワ先生・ベルトー先生両氏(とそのお宅の猫)です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s