論文:「越境者の輪」

もうすっかり時期を逸してしまった挨拶ですが、あけましておめでとうございます。今年も、年末に「もっとできたはずだ」と思わないで済むように1年間やりきっていきたいです。

さて、去年の話になりますが、論文が掲載されました。
「越境者の輪:占領期北東アジアの「密航」「密貿易」を支えたネットワーク」 特定非営利法人社会理論・動態研究所『理論と動態』第9号、2016年12月:20−36
研究所の紹介ページはこちらです
https://www.istdjapan.org/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%B4%80%E8%A6%81/%E7%AC%AC9%E5%8F%B7/

占領期の朝鮮半島からの移住と並んで、博士後期課程から気になっていた、台湾・奄美・沖縄での「密貿易」(私貿易)について、文献資料からまとめたものです。
実は、「密貿易」について調べようと思ってから、論文らしき体裁のものを書けるようになるまで、だいぶ時間がかかりました。何が難しいといって、先行研究が見つけにくいことです。「密貿易」を扱った先行研究は数多くあります。けれども、それがどうにも、私にとって「社会学的」ではない。いや、先行研究が理解している「密貿易」なるものと、私が資料を読んで理解している「密貿易」なるものはややずれているのだけれども、どんな先行研究を踏まえればそのずれをうまく説明できるのかがわからない、というか。私は、ある現象が生じるいろいろな条件をとにかくたくさん見つけていくことが重要だと思っていて、中でもたくさんの人たちが共通して持っている知識や常識、そしてその場における規範や秩序の成立の仕方に興味があります。データの中からそういうものが見えると「お、これは社会学的かな?」と思ってしまいます。なのですが、「密貿易」について集めてきたデータにはそういうものがなかなか見いだせなくて、どうしたらいいかよくわからないまま、時間だけかかってしまいました。
おそらくそういう、知識や常識や、規範や秩序の成立の仕方といったものは、私が興味を持つ対象についてだんだんわかっていくと、「あ、これだ」と腑に落ちるときがくるのですが、そこに至らないということは、集めたデータが足りないのかな、何かずれているのかな、と迷っていた、という感じです。
ぐだぐだと書きましたが、すでに他界された方も含め、インタビューを取らせていただいているのに、全く使えないまま論文になってしまいました。自分にとってインタビューデータって何だろう、そういえば博士論文の試問の時も「実はインタビューデータがない方がすっきりと議論できるのではないか」と突っ込まれたなあ、いやデータの形式の問題じゃないとは思うんだけど、とまた悶々としてしまいます。
が、とにかく1本は書いたので、次に行こう!と思います。

金子良事さんがこの論文について、ブログに書いてくださいました。
http://ryojikaneko.blog78.fc2.com/blog-entry-456.html

ありがとうございます! まさかこんな風に書いてくださるなんて、感激します。歴史研究をしておられる方から「わりとスタンダード」と言われると、歴史学者になり損ねた社会学徒としてはとても嬉しいです。ていうか照れます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s